• プレスリリース

Google Cloud カスタマー アワードを製造業部門で受賞クラウド活用による技術的な革新、ビジネスの変革、効果の創出が評価されました

2021年10月15日

京セラコミュニケーションシステム株式会社
代表取締役社長 黒瀬 善仁

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 黒瀬 善仁、以下KCCS)は、Google Cloud カスタマー アワードを製造業部門で受賞したことを発表します。

Google Cloud カスタマー アワードは、Google Cloud のテクノロジーを活用して優れたイノベーションと最先端の技術でデジタル トランスフォーメーション(DX)を推進している企業を業界ごとに Google Cloud が表彰するものです。2021年に創設され、今回が初めての表彰として Google Cloud Next ’21(10月12日-14日米国時間開催)にて発表されました。この度の受賞は、製造業でのクラウド活用による技術的な革新、ビジネスの変革、効果の創出が評価されたものです。

KCCSでは、京セラのスマートファクトリー化を支えるソリューションの全社共通デジタルプラットフォームを Google Cloud で構築しました。
企業ではIT化による情報管理が進んでいるのに対し、工場内の制御系ネットワーク(OTネットワーク)はセキュリティを担保するためにインターネットに接続しない閉域環境で構築され、ITとOTの情報の管理も分断されているケースが多くあります。また、工場の制御装置や生産設備はプロトコルやデータフォーマットがそれぞれ異なることから、本ソリューションでは、さまざまなハードウェアからデジタルプラットフォームにデータ収集できるようにユースケース群を開発し、社内のDXポータルサイトから提供しています。
この仕組みにより、ITおよびOTから収集したデータの一元管理・分析・活用が進んでいるとともに、データドリブンな新ビジネスの計画も支援し、この度の受賞に至りました。

Google Cloud Customer Award Winner

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 日本代表 平手 智行氏のコメント

この度は、Google Cloud 初となる Google Cloud カスタマー アワード 製造業部門の受賞、誠におめでとうございます。京セラコミュニケーションシステム株式会社様におかれましては、生産性倍増を目指され、新たなデータ収集・分析・活用基盤を、セキュアで俊敏性、可用性の高い Google Cloud 上にて構築・運用いただいております。Google Cloud は、今後ますます製造業のデジタル トランスフォーメーションを推進する京セラコミュニケーションシステム株式会社様をより一層支援して参ります。

KCCSは今回の受賞にあたり、これまで当社のソリューションを採用してくださったお客様に改めて感謝し、今後も Google Cloud を利用したソリューション提供を通して、製造業のDXを支援して参ります。

  • Google Cloud は Google LLC の商標です。
  • 製品名・サービス名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせ

お客様からのお問い合わせ

KCCSカスタマーサポートセンター

携帯電話・IP電話など
受付時間
9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

報道機関の方からのお問い合わせ