GreenOffice Unified Cloud

導入ご検討のお客様

お申し込み 料金シミュレーション
お問い合わせ・資料請求はコチラ
時間:平日9:00~17:00

既にご利用のお客様

ログイン
TOP > サービス特長

サービス特長

GreenOffice Unified Cloudとは・・・

GreenOffice Unified Cloudとは、通常提供されているIaaSの要素に加えて、さまざまな環境下においても統合的な運用を可能としたクラウド型の統合運用管理サービスです。

利用者は、当社が独自開発したクラウド管理コンソール「クラウドマネージャ」を介し、必要なITリソースや運用管理機能を利用することができます。

また、クラウド基盤ソフトウェアには、株式会社あくしゅが開発したオープンソースの「Wakame-VDC」を採用しており、ユーザ自身での仮想マシン作成・操作や、柔軟なネットワーク設計を可能としております。

これらの管理機能と、必要なときに必要な分だけ利用できるITリソース群「On Demand ITリソース」、AWSをはじめとするクラウドサービスやオンプレミス環境を組み合わせていただくことで、お客様の要件・用途にあったインフラ環境を構築することができるクラウドサービス、それがGreenOffice Unified Cloudです。

【サービスイメージ図】
*Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

コンセプト

昨今、多様化する顧客のニーズに迅速に応えるべく、異なるシステムを複雑に連携し、サービスを提供しているケースはも少なくありません。当社はD@TA Center®(データセンター)を運用している長年の経験から、守るべきはシステムではなく「サービス」だと考えています。
GreenOffice Unified Cloudでは、お客様の「サービスを守る」をサービスコンセプトとしたクラウドサービスです。

特長1 サービスの継続性を高める豊富な機能

本サービスでは、お客様のサービスの継続性を高めるため、豊富な機能を準備しております。代表的な機能について、以下にご紹介いたします。

サービス単位での情報管理を実現したサービス管理機能

「同一サーバ上で複数のサービスを提供している」、「複雑なシステム連携を行っている」そのような場合、障害時に影響範囲の特定に時間を要するという声は後を絶ちません。
そのようなお客様の声に応え、お客様独自の「サービス」単位でグループ化を行うサービス管理機能をご提供します。各ITリソースにサービス情報をタグ付けしておくことで、障害時における影響範囲の特定が容易に行えるようになり、障害の早期復旧を支援いたします。

アラート画面に対処方法も表示できる監視機能

監視機能では、監視設定時に対処方法(復旧手順など)も合わせて登録できます。
対処方法を予め登録しておくことで、アラート情報と対処方法を同時に確認することができ迅速な障害対応を支援します。

BCP/DR対策も可能なマルチロケーション対応

東京・京都からデータセンターを選択できるマルチロケーション対応となっております。
異なったロケーションを選択いただくことで、BCP/DR対策を行うことができます。

お客様のさまざまなニーズに応えるプロフェッショナルサービス(オプションメニュー)

当社では、「分散したシステムをクラウドに統合したい」「ミッションクリティカルなシステムを24時間365日で運用サポートして欲しい」「高度なセキュリティ要件を満たすシステムを構築したい」などお客様のさまざまなニーズに応えるために、プロフェッショナルサービスを提供しています。
プロフェッショナルサービスを併用いただくことで、お客様に適したインフラ環境・運用をご提供することができます。

【プロフェッショナルサービス】
サービス概要
クラウドインテグレーションオンプレミス環境からクラウド環境への移行、分散されたシステムをクラウド環境へ集約・統合するなど、お客様に適したクラウド環境をご提案するインテグレーションサービスです。
運用監視サービス分散されたシステムの統合監視や、障害発生時の復旧オペレーションを当社ITマネジメントセンターより24時間365日で運用代行させていただくサービスです。
セキュリティサービス日々変化する脅威に対し、「把握」・「防御」・「検知」という3つの観点で、ネットワーク診断からWebアプリケーション診断までの各レイヤのセキュリティ対策を支援するサービスです。

特長2 クラウドの運用管理を効率化

本サービスでは、クラウドマネージャにて、豊富な運用管理機能をご提供し、クラウド環境におけるワンランク上の運用管理をご支援いたします。

運用の効率化、見える化を支援するチケット管理機能

クラウドマネージャでは、「インシデント」「問題 / 課題」「作業 / メンテナンス情報」をチケットとして登録・管理することができます。種々の情報をチケット化し、関係者で共有することで、運用の効率化、 見える化を支援いたします。
また、クラウドマネージャ上で行ったOn Demand ITリソースに対する操作は、一連の操作の中でチケット情報を更新することができ、チケット情報の登録・更新の手間を簡略化いたします。

【メンテナンス時の運用例】
マルチクラウド対応を支援するクラウドマネージャ

クラウドマネージャは、複数のITリソースを一元管理するマルチクラウド管理を提供します。複数のITリソースを一元管理することで運用管理者の負荷を軽減することができます。
また、当社プロフェッショ ナルサービス(オプションメニュー)の運用監視サービスをご利用いただくことで、24時間365日お客様のサービスを統合的に監視・運用いたします。

■AWS管理機能
マルチクラウド管理機能の第一弾としてAmazon Web Services(以下、AWS)の管理機能を提供します。

●AWS管理機能の特長

1. AWSインスタンス管理
AWSにおけるインスタンスの稼働状況表示と操作機能を提供します。アクセスキーを複数利用されている場合はアクセスキーの一元管理が可能です。

2. AWSインスタンスの監視、運用管理
AWSインスタンスの監視(死活、ポート、リソース、ログ)および、運用管理(インシデント管理、問題管理、作業・メンテナンス管理)の機能を提供します。


●対象リージョン

AWS対象リージョン

特長3 安全・安心のセキュリティ機能・サービス

「クラウドはセキュリティが心配」という方には、安全・安心のセキュリティ機能をご提供します。
また、当社のセキュリティサービスと組み合わせることで、更に安全にご利用いただくことができます。

セキュリティグループ機能による厳密なネットワーク制御

仮想サーバの通信を制御するローカルファイアウォール機能をご提供します。お客様のセキュリティポリシにしたがって設定いただくことで、不正なアクセスを遮断することができます。

サービス単位の柔軟な権限設定

サービス管理機能では、サービス単位で自由に権限管理ができます。適切な権限管理を行うことができ、複数人で同一のクラウド環境を利用するケースや、運用をベンダに委託しているようなケースなども柔軟に権限管理・設定が可能です。

ユーザを守るセキュリティ認証

過去1ヶ月以内ににログインした業務環境(送信元IPアドレス、ご利用端末)を記録し、不審な環境から接続があった場合ID/PASS認証を許可しないようにすることができます。

リスクベース認証
セキュリティへの取り組み

当社のセキュリティへの取り組みに関しては、こちらをご参照ください。

操作履歴の保持

クラウドマネージャ上で操作された履歴は、一定期間保持されます。履歴を保持することで、「いつ」「誰が」「どの様な操作」を行ったのかをご確認いただくことができます。

プロフェッショナルサービスの活用で更なるセキュリティ強化(オプションメニュー)

当社は、セキュリティ事業も展開しており、各種プロフェッショナルサービスをご利用いただくことで、より強固なシステムを構築することができます。


*Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。